きかんしゃトーマスが

息子にくれたモノ 

それは。。。 



CIMG5747-s.JPG


読む楽しさ



飛びきりの笑顔!




トーマスのおかげで「文字」が読めた息子。


トーマスのおかげで「笑顔」が激増した息子。




3歳からの息子の日々は、



きかんしゃトーマスとの日々である



といっても過言ではない。



きかんしゃトーマス に、


 
心うばわれたあなたの息子さんは、


 
So CooL !!







きかんしゃトーマスの動画大全集

決して見てはいけません!
病み付きになっても責任は持てません!






きかんしゃトーマスのおもちゃ大全集

決して見てはいけません。
お金がどんどん出て行っても
責任は持てません!





※注意!トーマスを検索するとき「to-masu」って打たないでくださいね(笑)

なお、「痴漢者トーマス」も まちがいです(笑)





「きかんしゃトーマス大好き息子」と、

「きかんしゃトーマスの達人である父さん」が

体験したり、考えたことを

ぜひぜひ、あなたと共感しましょう。

byだいぶらんど

トーマスの心理


他人のことは、どうでもいい。

自分のことが、うまくいけばそれでいい。




自分のすべきことが、うまくいかないと

罵詈雑言を吐き、まわりにあたりちらし、

うまくいかない責任を転嫁する。



これって、ふるーい体質の会社でおこっている、

部署間同士の醜い争いである。



日本だけじゃない、イギリスにもあるのか?



60年の伝統をほこるソドー会社だからこそ、あるのか?



何の話をしているんだって?



「エミリーの冒険」の話である。



材木を少しでも早く、ユーザーに届けなければならない。



でも、トラブルがいろいろ発生し、自分だけでは対処しきれない。



ソドー島で働く全員の協力が必要なのだ。



{自分の仕事だけがうまくいけばいい」

と思えば思うほど、みなの対立が生まれる。



それらを回避する方法は、ただひとつ。



「謙虚さ」をもつこと。


いいかえれば


「相手を敬う」こと

である。



これを知っているトーマスは、エミリーに忠告する。



そして、万事解決。



根底にあるものは、感情であるということ。



ここを理解していないと、ダメである。



専門の能力がなくても、人間同士のコミュニケーションで

生きているひとっているでしょ。



あれですね。



究極は。



トーマスは、それを知っていた。



やりますなぁ。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27651974

この記事へのトラックバック






CDきかんしゃトーマスDVDを集める

やっぱ、好きなものは集めたくなるんだよね。DVDのコレクターとしては・・・

トーマスDVD.jpg



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。